黒ずみ撃退のために脱毛

黒ずみ撃退に役立つかと、脱毛について調べてみた

 

脱毛もしてくれる皮膚科で、フラッシュ脱毛の話を聞きました。レーザー脱毛との比較や、デリケートゾーンの黒ずみに効果はあるのか?などなど。聞いたお話を紹介したいと思います。


フラッシュ脱毛とは

 

肌を傷めないムダ毛処理方法としておすすめの、フラッシュ脱毛。
わたしはまず、どんな構造なのか、レーザー脱毛との違いはなに?って思いました。

 

レーザー脱毛

レーザー脱毛は、医療用のレーザーを使用した脱毛。だから医療従事者しか扱えません。
施術場所はクリニックになります。

 

レーザー脱毛の特徴は、毛根を熱で破壊して、永久的に毛が生えてこないようにできることです。
脱毛効果がとても高く、短期間で効果を得たい人にはぴったりの方法ですね。

 

ただし、熱で細胞を破壊するため、やはり肌にはダメージがあります。
人によっては、赤く腫れてしまったり、ヒリヒリが治まらなかったり。

 

もちろん、最初のカウンセリングで説明がありますが、不安なことはしっかり聞いておくのが肝心です。
後でトラブったら、イヤですもんね。

 

クリニックなので、アフターケアはしっかりしてくれますけどね。
心配なことは少ない方がいいですから。

 

 

フラッシュ脱毛

フラッシュ脱毛は、カメラのフラッシュのような強い光を瞬間的に肌に当てて、毛根にダメージを与える方式です。

 

レーザー脱毛ほどの即効性はありませんが、肌への刺激も少なく、痛みも少ない脱毛方法です。
おもに脱毛サロンで行われています。

 

家庭用の脱毛器も、フラッシュ方式のものが多いですね。
エステやクリニックに通えない、という人も、自宅でケア出来るとあって人気のようです。

 

 

さて、即効性と効果の高さならレーザー、低刺激ならフラッシュというのが分かりましたが、どちらを選ぶか。
かなり考えましたよ、わたし(゚∀゚)

 

そして熟考の結果、家庭でのフラッシュ脱毛に挑戦してみることにしました。
予算の問題や店舗やクリニックへ通う時間なども考えてね。

脱毛効果と黒ずみの関係

脱毛すると、黒ずみの撃退に役立つのか?

 

もし今、ムダ毛の処理をカミソリか毛抜きでしているとしたら、脱毛は黒ずみの軽減に大いに役立ちます。

 

というのも、黒ずみになる原因は

 

  • 乾燥、摩擦などによる色素沈着
  • 毛を抜いたり剃ったりするダメージによる色素沈着

 

が大きいから。

 

カミソリや毛抜きで毛を抜くことで、肌表面や毛根にダメージを与えます。
そしてダメージから回復するときに色素沈着がおき、そのまま黒ずんでしまう。

 

それを周期的に繰り返していたら・・・
怖いですね!

 

家庭用のフラッシュ脱毛器ってどうなの?

脱毛するにあたって、脱毛器を買うか、サロンもしくはクリニックに通うかというのは、かなり考えましたよ。

 

ホント迷いましたが、サロンで予約するよりも、自宅で気軽にケアできるほうが、仕事が不定期なわたしには合っているという結論に。
それに、人様にデリケートゾーンをお見せするのが、やっぱり恥ずかしいというのがありまして。

 

予算的なこともありました。肌のこととか、効果の高さとか考えると、クリニックが一番いいとは思うんですけど、クリニックは高いんです・・・(´-ω-`)

 

そして、脱毛エステサロンの機械は、家庭用脱毛器と性能的にさほど変わりがない、という話もお医者さんに聞いたので。
それなら家庭用の脱毛器で試してみよう!と考えたってわけです。

 

 

ネットで各家庭用脱毛器の性能と価格を比較しつつ、これまた熟考。
結局、5万円ほどの家庭用フラッシュ脱毛器を購入しました。

 

脱毛器はサロンで使うもの、というイメージがあったので、さぞかし高いのだろうと思っていたんですが、意外とお手頃な価格で驚きました。

 

それに、光を照射することで美肌効果も期待できると知ってまた驚き。
なんておトクなんでしょう!

 

選んだポイントとしては、全身にもデリケートゾーンにも使用できることと、1つのカートリッジで使用できる回数が多いこと。

 

さっそく脱毛開始!
脱毛器を使う前に、毛をいったん剃ります。
カミソリでなく、電動シェーバーで肌を傷つけないように剃るのがポイント。

 

準備してさぁ、開始!

 

結局シェーバーを使うんじゃないか!と思いますよね(゚∀゚)
でも、脱毛を続けていけば、これまでみたいにシェーバーの出番はなくなるんです。

 

だから大丈夫。安心して剃りましょうw

 

フラッシュ脱毛器の使い方は、肌の上で、脱毛器をゆっくりすべらせて、位置をずらしながら光を照射するだけ。
じわっと少し熱くなる程度で、痛みもなく使用できました。

 

 

そもそも黒ずみが気になっていた、脚のつけ根部分の脱毛だけなら、家庭用脱毛器で十分だと確信できました!

自宅でVIO脱毛は難しい?

 

わたしはふと思ったのです。家庭用脱毛器もいいけど、VIOは自分ではできない。エステサロンで施術してもらえば、もっと丁寧でダメージレスにデリケートゾーンを脱毛できるのではないか?と。そんな疑問を解決するべく、エステサロンでのVIO脱毛についても調べてみることにしました!


サロンでのVIO脱毛ってどんな感じ?

 

エステサロンで施術するVIO脱毛が気になっている、という方も多いですよね。
人にやってもらえれば楽だとは思うけど、少し抵抗を感じるのも事実。

 

だってやっぱり、恥ずかしいですもんねぇ(´・ω・)

 

 

VIOってそれぞれどこ?って思ってましたが、ちょっと前に分かりました。

  • Vライン・・・股間の正面から見える、ビキニからはみ出しちゃう範囲
  • Iライン・・・性器の周り
  • Oライン・・・肛門の周り

 

施術の流れは、サロンによっても微妙に違います。
一番多いパターンは、自分でシェーバーで除毛し、肌の表面に毛が残っていない状態で施術してもらう、という感じ。

 

エステによっては、生えたまんまで行ったらシェーバーで剃ってくれる、なんてところもあるみたいですけど。
剃毛代として、別料金が発生したりするみたいです。

 

 

毛を根っこから抜いてしまうと、光を当てても効果が得られないので、毛抜きなどで抜いてはダメなんですって。
カミソリも、皮膚の表面が傷ついてしまうのであまり良くないらしく、シェーバーで剃るのをオススメされますね。

 

 

サロンの施術の流れは、まず下着を脱ぎ、スカート状になっているタオルや、紙パンツを着用します。

 

脚を広げて施術してもらうことになるので、まぁ恥ずかしいですけど・・・

 

サロンの方もお仕事なので、事務的にテキパキと手早くやってくれるから気がラクです。

サロンでのVIO脱毛は、とにかくラク

サロンでのVIO脱毛は、とにかくラク!

 

施術自体は15分くらいで終わりますし、目を閉じて(光を見ないため)じっとしてれば終わります。
もうとにかく、ラクですね〜。

 

 

脱毛料金は、エステによるし契約内容にもよりますけど、たいがいVIOセットで施術して1回5000円くらいかな、という感じ。
V・I・Oと個別に行うよりも、セットのほうがおトクになるように、設定されているところが多いですね。

 

そして今回は、家庭用脱毛器ではできない、VIOというデリケートな場所を施術してもらう、という前提で調べたんですけど・・・

 

施術の場所を限定せず考えても、エステサロンでの脱毛にもメリットがあります。

 

まずはとにかく、自分でするよりラクなこと。

 

そして商売なので、どんどん最新の機械を導入するから、通ってるうちに機械の性能がよくなっていく、ということがありますね。
家庭用の脱毛器ではそういうことはあり得ないので、そういう点はサロンの勝ちかなって思います。

 

脱毛前・後のケアなども、サロンなら全部おまかせで。
とにかくラクなのが一番、という人には、サロンでの脱毛がオススメだと思います。

 

ラクさを選ぶならエステサロンで。
コスパを選ぶ(ただしVIOの脱毛は考えない)なら家庭用脱毛器で。

 

といった感じですね!

家庭用脱毛器とエステサロン脱毛のメリット・デメリット

 

デリケートゾーンの黒ずみを薄くするために、より肌に刺激を与えない「フラッシュ脱毛」を選びました。家庭用脱毛器を買って自宅で脱毛するか、サロンに任せるか。悩むところですよね。2つの脱毛手段について、メリット・デメリットを比較し、どちらがどんな場合に向いているのか、検討してみることにしました。


こう違う!サロン脱毛と家庭用脱毛器のメリット・デメリットの比較

 

まずは、それぞれのメリットを比較してみましょう!

 

エステサロンのメリット

最新の機器で施術してもらえる

照射スピードが早く、広範囲を一度に照射できる。スピーディに施術が終わる。

照射漏れが出にくい

スタッフの方が施術してくれますから、自分では手がとどかないところも、ムラなくきれいに光をあてることができます。

全てお任せだから疲れない

ベッドに寝ている状態で施術してもらえるので、辛い体勢をキープする必要がありません。、楽に施術を受けられます。

細やかなケアをしてくれる

施術後の乾燥や受けた刺激を軽減するため、ジェルや美容液を塗ってもらえます。独自のアフターケアを売りにしているサロンもあり、自己処理よりも美しい仕上がりが期待できます。

 

 

家庭用脱毛器のメリット

人に体を見られる恥ずかしさがない

「人より毛が濃いのがコンプレックス」とか、「黒ずみが気になる」という場合、人にそれを見られるのはイヤですよね。その点、家庭用脱毛器なら、誰にも見られずに処理できます。

全身に使えて経済的

1台買えば、自分のどの部位にも、どれだけ使っても構わない。サロンやクリニックなら、パーツごとに料金が加算されます。全身を脱毛したいなら、家庭用脱毛器が経済的です。 ただし、機器によっては使えない部位があるものも。買う前によく検討しましょう。

スキマ時間でお手入れできる

手軽さこそが、最大のメリットです。急な予定が入りやすい人、家を空けられない人は、サロンでの予約はなかなか難しいもの。自宅に脱毛器があれば、ちょっとした時間でお手入れが出来ます。

 

 

メリットがあれば、デメリットもあります。自分にとって都合がいいのはどっちか?よく考えて選びたいですね。

 

エステサロンのデメリット

  • 予約が取れないことがある
  • 料金が高額になる場合がある
  • サロンまで通う手間がかかる
  • 施術してもらえないことがある(遅刻、そり残し等の理由)

家庭用脱毛器のデメリット

  • サロンに比べて効果があらわれるのがゆっくり
  • いつでもできることで、逆に忘れがちになる
  • 慣れるまでは、照射にムラができやすい
  • 自分では手が届きにくい部位がある

どちらに向いている?サロン/脱毛器チェックリスト

エステサロンに向いている人

  • 多少費用と手間がかかっても、完璧に近い形で脱毛したい
  • 自分で機械を扱う自信がない
  • 背中など自己処理がしづらいパーツを完璧に脱毛したい
  • リラックスしながら脱毛したい
  • 相談しながら脱毛パーツを決めたい

 

家庭用脱毛器に向いている人

  • 経済的に脱毛を済ませたい
  • スケジュールを気にせず手軽に脱毛したい
  • 脱毛したいパーツが複数ある
  • 人に身体を見られたくない
  • こまめに自分でケアすることが苦ではない

 

個人的には、経済的でいつでも脱毛できる「家庭用脱毛器」が向いてる!と思いました。
自分の手でケアすることで、だんだんキレイになっていく達成感もあります。

 

コツは、一気にやろうとしないこと。
一番気になる部位から、少しずつ範囲を広げていくといいですよ。

 

いずれにしても、脱毛はムダ毛の処理から開放されるだけでなく、黒ずみをなくすことにもつながります。
継続的に皮膚を傷め続け、どんどん黒ずみが濃くなってしまわないように・・・

 

なるべく早く、脱毛はしておいたほうがいいと思うんです!

 

page top