デリケートゾーンの黒ずみ専用クリーム

恐るべし、デリケートゾーンの黒ずみ!

ある日、友達と水着を買いに行った時のこと。友達が水着を試着した時に、足の付け根に黒ずみがあるのを発見してしまいました!

 

「まさか、わたしにも…?」と心配になり、家に帰って確認してみると、黒ずみがくっきり。

 

今までまったく気にしたことがなかったので、去年の夏はこの状態で水着を着ていたのか、とショックでした……。

 

 

一度気にすると、常に気になってしまって、お風呂に入るたびに憂鬱に。
今年は彼と海にも行くし、やっぱりこのままではイヤ!と思い。

 

決意して、黒ずみを消す方法を真剣に調べたんです。

なんとしても黒ずみを消す!!頼りになったのは黒ずみ専用クリームでした

リサーチの結果、そもそもの黒ずみの原因は、メラニンだということが分かりました。

 

メラニンは誰の体の中にも存在していて、摩擦や日焼けなどでお肌に刺激を与え続けると活性化して、肌を黒く変色させてしまうのだそう。

 

でも、日焼けはもともとしない場所だし、下着による摩擦って避けられないんじゃ…?
そう思いつつも、黒ずみを改善する方法を探しました。

 

 

色々な方法が見つかり、それぞれ試してみたんですが、最終的に頼りになったのは

 

「デリケートゾーンの黒ずみ専用クリーム」

 

だということを実感しました!

 

他の方法も、少しずつ効果を感じられたし、黒ずみだけでなく、他のトラブルも解消出来てよかったんですけど・・・

 

今になってみれば、最初から黒ずみ専用クリームいっとくんだった・・・!

 

って感じですw

 

 

わたしが改善するために探し出した方法は主に次の4つ。

 

  • 下着をボクサーパンツに変える
  • 脱毛ケア
  • ジャムウ石鹸で洗う
  • 黒ずみ専用のクリームを塗る

 

これだけ試して、最終的には「黒ずみクリームだった!」となったわけです。

 

もし今、黒ずみ撃退について方法を探しているなら、まず黒ずみクリーム試してみてほしいです!

 

デリケートゾーン専用!黒ずみ除去クリームがとても役立った

他の方法をさんざん試した後、最終的に頼ったのが「黒ずみ専用クリーム」でした。

 

なんでこれが最終の手段になったのかというと、実は私、肌が敏感ですぐかぶれるんですね。

 

黒ずみ除去と聞くと、

 

「強力そうだし、肌に悪いんじゃないかな?」

 

と思っちゃうじゃないですか。顔に使う化粧品も、美白モノは刺激が強いとかいうし。

 

それで躊躇してたんですけど、他に頼れるモノがない。イチかバチか、使ってみよう!って決意したんです。。

 

 

私は皮膚科にかかりつけがあり、薬剤師さんともお話してみたんですよ。
そしたら、デリケートゾーン専用のクリームは、特に刺激のないものが多いんですって。

 

だからもし、デリケートゾーンの黒ずみに使うなら、「デリケートゾーン専用黒ずみクリーム」を選ぶといいですよ、って話でした。

 

デリケートゾーン専用のクリームなら、ひじやひざ、ワキやバストトップなどにも使えるからって。

 

 

黒ずみ除去クリームとして発売されている製品の中でも、おすすめなのは「トラネキサム酸」を配合したもの。

 

トラネキサム酸は、メラニンを作り出す細胞(=メラノサイト)の働きを抑制するため、厚生労働省から美白有効成分として認められている成分なんです。

 

効果は高いけどお肌には優しいということで、美白化粧水などにも使用されているのだとか。

 

効果あり、と認められているならば試さない手はありません!
さっそく、使用してみることにしました。

 

 

トラネキサム酸配合「イビサクリーム AB」

 

トラネキサム酸配合のクリームの中で、特に良かった〜と感じたのが、「イビサクリーム AB」です。

 

美白ものは高価な製品が多いんですけど、イビサクリームはコスパがいいんです。
それにチューブ式なので衛生的に使えるし。

 

美容液のようなパッケージなので、ポーチに入れておけます。

 

顔以外の、黒ずみが気になるところ全部に使えるし、これはホント良かったです。

 

 

美白成分の他にも、保湿力が高いシロキクラゲ多糖体や、殺菌・抗菌効果があるローズ水などが贅沢に配合されてます。

 

また、デリケートな部分に使うものだから、肌に刺激が強い添加物は一切使用していません。

 

 

黒ずみクリームも、使ってすぐに効果が!ってものでもないです。
でも何もしてこなかった部分を手入れすると、少しずつ変化するものなんですよね。

 

本当は黒ずみなんて出来ないうちに、予防しておけば良かったんですけど・・・。

 

それは今さら言っても仕方ないので、これからは得た知識と経験を活かして、黒ずみケア続けます♪

 

下着をダメージレスなボクサーパンツに変更

最終的には黒ずみクリームだ!と分かった私ですけど、最初に試したのは肌着の種類を変えることでした。

 

グラビアアイドルの人とか、黒ずんだりしてないよね〜
ってことは、黒ずんでる場合は、何か原因があるってこと。

 

ということで、デリケートゾーンの黒ずみを解消すべく、まずは原因を調べてみた。

 

そしたら以下の3つが黒ずみをつくる大きな原因だ、ってことがわかりました。

 

  • 下着の締め付け
  • 肌の乾燥
  • 皮膚の伸縮

 

確かに、下着は毎日つけるものだから、ダメージが積み重なっていそう。
知らず知らずのうちに黒ずみができてしまうのもわかる気がしますね。

 

さらに、足の付け根ってあんまりケアしないから、乾燥しているのかも。そして毎日歩くから、皮膚の摩擦も避けられません。

 

不安が多いけど、とりあえずできることから対策してみよう!ということで、方法を考えました。

 

 

 

「まずは、日々の積み重ねがたいせつ(゚∀゚)」ということで、ふだん使いの肌着を、ボクサータイプに変えました。

 

これまでデザインが凝った下着が好きで、普段はレースやシルクでできた下着をつけてたんですよ。
女子力高め♪とか思ってたら、それが黒ずみの原因になってしまうなんて(´・ω・)

 

可愛いショーツって小さめに作られてて、肌にこすれるしヒモの跡が残ったりするんですよね。
それがセクシーかなと思ってたんですけど。

 

摩擦でダメージを与えてしまうなら、時々はお肌の「おやすみ期間」を設けることにします。

 

可愛い下着はデートの時だけにして、通勤などにはボクサータイプを着用することにしました。

 

そうやってまずは1ヶ月、生活してみたんです。

 

 

黒ずみ解消!1ヶ月ボクサーショーツ生活の結果

まずは、1ヶ月続けてみよう!ということで始めた、ボクサーショーツ生活。
結果、とてもラク!そして黒ずみが進行することはなくなりました。

 

締め付けがないのでリラックスできるし、こすれて痛いとか、痒くなるってことがありません。
脚の付け根を「そけい部」というそうですが、そこが締め付けられないので、脚の冷えも感じにくくなったんです。

 

いったいどれだけ今まで、締め付けて暮らしてきたんでしょう。

 

 

でもね、肝心の黒ずみは、薄くなりはしませんでした。
どんどん黒ずみが加速する、という状態は回避できましたが、いかんせん予防法なので、黒ずみが消えたりはしなかったんですよね。

 

でも、いま以上黒くなることは防げたということで、ちょっと納得しました。

 

とはいえ、これで安心というわけではありません。

 

「やはり根本的な解決には、プロの意見を聞かなくては」

 

と考えた私は、皮膚科へと足を運んだんです。

 

なんとムダ毛の自己処理がダメだった!?黒ずみの新たな原因

 

ボクサータイプのショーツをはくようにして、少し薄くなったとはいえ、黒ずみの根本的な解決には至りません。
ここは専門家の意見を聞いてみようと、皮膚科に行きました。

 

すると黒ずみのタイプと、改善方法はいくつかあることを教えてくれましたよ。

 

黒ずみのタイプは、主に3つ。

  • 毛が埋没して黒く見えてしまうタイプ
  • 毛穴が汚れて黒ずむタイプ
  • 乾燥、摩擦などによる色素沈着で黒ずむタイプ

足の付け根の黒ずみの原因のほとんどは、色素沈着。

 

 

これらのデリケートゾーンの黒ずみを改善するためには、次のような治療法があるとのこと。

  • 色素沈着を軽減させる塗り薬を処方する
  • レーザーを照射して黒ずみの原因となるメラニンを壊す
  • ケミカルピーリングで毛穴の黒ずみを落とす

これらの治療法は、黒ずみによって皮膚が固くなってしまっているような、症状が重い方におすすめだそうです。

 

費用もかかるし、術後のケアも簡単ではないので、ちょっと気になる、程度の人にオススメの方法ではないですね。
皮膚科の先生と相談しながら決めたほうが良さそう。

 

 

先生!自宅で気をつけるべきことを教えてください

自宅でのケアで黒ずみを改善したいと思っていたわたしは、治療のほかに黒ずみを消す方法はないのか、先生にお聞きしました。

 

やはり、「肌にダメージを与えないことが1番」とのこと。

 

意外だったのが、カミソリやシェーバーで剃ることが、黒ずみの原因になっていることもある、ってこと。

 

「毛抜きやワックスなどで毛を抜いて処理をすると、肌を傷めるから良くない」という話を聞いていたので、これまでシェーバーで剃っていました。

 

それなのに、シェーバーも肌にダメージを与えてしまうなんて(゚´ω`゚)

 

頻度や、使っている機械にもよるそうですが、まったく無害、ってことはないんだそうです。

 

皮膚の薄いデリケートゾーンは、刺激にも敏感。
抜いたり剃ったりする時に肌の表面を傷つけてしまうことで、赤く腫れてしまったり、色素沈着を起こしてしまったりします。

 

そして肌の自己防衛によって角質ができて、肌のターンオーバーを妨げてしまうんですって。
私の脱毛体験については、コチラで。

 

 

以上のことを知った私は、美容皮膚科で脱毛してもらい、黒ずみクリームを使うことにしたんです。

ところで、ソコの黒ずみは大丈夫・・・?

普段使いのショーツをボクサータイプに変更して、足の付け根のストレスはずいぶん軽減された様子。

 

ほんの少しだけど、脚の付け根の黒ずみは薄くなったように感じていました。

 

ところがそこでまたひとつ、新たな問題が発覚したんです。

 

それは、陰部の黒ずみ。
お風呂あがりに、足の付け根の黒ずみの変化を、鏡で確認するようしていたのですが・・・それでふと目に入って、気づいてしまいました。

 

「みんなこんなものかな」とも考えたのですが、人に確認することもできないでしょう。
困りました(´-ω-`)

 

「もしかして、彼氏に引かれてたのかな・・・?」と急に心配になったし。

 

陰部が黒いと遊んでいると思われたり、不潔と思われたりするという話もよく聞きますよね。

 

脚の付け根よりも、深刻な問題ではなかろうか、と思った私は、気合を入れ直しました。
そして、デリケートゾーン専用のクリームを使うようになったんです。

 

ニオイ予防にも期待大!ジャムウ石鹸

皮膚科で脱毛すると、エステとは出力の強さが違う機械で処理してもらえます。

 

脱毛の威力が強いので嬉しいんですけど、威力が強いだけに、ダメージも強めに残るみたいで。
脱毛してもらった夜のお風呂で、普通のボディソープを使うと、突っ張った感じになっちゃうことがあったんです。

 

それで、デリケートゾーン専用のソープも使うようになりました。

 

デリケートゾーン用のソープは、ジャムウ石鹸が有名ですね。

 

 

ジャムウとは、インドネシアに伝わる、美容や健康の増進を目的に調合したハーブ全般を指す言葉。
体に刺激が少ないことから、デリケートゾーンをしっかり洗っても安心、ってことで、これを選びました。

 

炎症を起こすと当然肌に負担がかかり、黒ずみにつながりやすい。
出たな黒ずみ!

 

ジャムウ石けんは保湿や消臭を助けるハーブが配合された石けんで、デリケートゾーンだけでなく、全身を洗っても平気。
肌が柔らかく、つやつやになりますよ。

 

最初は脱毛直後にだけ使うようにしてたんですが、今では一年中、デリケートゾーン専用の石けんを使うようになりました。

 

 

あそこには、雑菌から体を守ってくれる常在菌がたくさんいて、自浄作用で清潔な状態を保ってるんですね。
そこをゴシゴシ洗っちゃうと、常在菌までやっつけてしまうので、かえってバリア機能が働かなくなるんだとか。

 

菌が侵入すると、感染症などの心配もあります。
かといって、石鹸類を全く使用しないと、こんどは汚れが十分に取れません。

 

そこで、よく泡立てたジャムウ石鹸を使ってやさしく洗ってあげると、保湿もしてくれるし、汚れは落ちる。
ニオイの心配もしなくていいというわけです。

 

 

肌トラブルが抑えられれば、皮膚への刺激が減って、黒ずみを予防することができます。

 

ただ、ジャムウ石鹸には、肌を白くする働きはありません。
肌トラブルを起こさなくなれば、新たに黒ずむことはなくなりますけどね。

 

今現在の黒ずみはどうしたらいいのかというと、やっぱり美白効果のあるクリームを使わないと。
そうして、黒ずみクリームへたどりついたんです。

 

page top